【勉強会レポ】株式会社アプト様×Cake.jp『ウエディングプランナー向けケーキの共同勉強会』を開催いたしました!

『ベストなケーキ提案のために』共同勉強会開催@株式会社アプト様

20170816r33

 

この度、お客様の特別な日のケーキ提案するCake.jpは「感動の集まる場所をもっとハッピーに!」をより現実のものにしていくべく、「暮らしのそばに、心ふるえる体験を。」のコンセプトを掲げる株式会社アプト様と提携し、ウェディングの2次会などパーティーシーンにおけるケーキ提供を開始いたしました

ウェディングシーンを中心にスペース・フード・パーティープランニング3つのサービスを組み合わせ、人生を共に歩み始めるお二人の特別で忘れられないひとときをプロデュースされている株式会社アプト様

20170816r34

▲『本当に叶えたいウェディングパーティー』の実現のために尽力されています!

そこで、今回のCake.jpとの提携を、さらにお客様満足度の高いパーティープランニングへと活かしていただくべく、株式会社アプト様が運営する貸切専門パーティスペース『hacocoro(ハココロ)』のプランナーの皆様に向け、【ベストなケーキ提案のための勉強会】を共同開催!

20170816r2

株式会社アプト様のオフィスにて行われた今回の勉強会では弊社副社長・曽根が登壇。プランナーの皆様にスライドを用いながら、弊社に関して、またCake.jpのパーティーケーキの特徴から発注・管理方法、世界に1つだけのフルオーダーケーキの発注方法に至るまでをご説明いたしました。

20170816r4

オーダーケーキの説明の際には、皆様から「へえー、そんなケーキもあるんだね!」と驚きの声が聞かれる場面も。終始真剣に資料に目を通されながら曽根の説明に耳を傾け、実際にご自分たちがお客様にケーキを提案する時のことをプランニングされているご様子でした。

20170816r5 20170816r6

勉強会終了後には、弊社副社長・曽根と、担当の佐藤が名刺交換を兼ね、プランナーの皆様にご挨拶!

普段、新郎新婦をはじめとしたお客様と実際に接しており、パーティーシーンのニーズを実感を持って把握されているプランナーの皆様との貴重な意見交換の時間となったようです。

『実際のケーキサプライズ体験』によりお客様の希望に寄り添ったケーキ提案を

実は今回、株式会社アプト様のオフィスに伺ったのは、勉強会のためだけではありません。言葉で説明するだけでなく、実際に「プランナーの皆様にパーティーケーキを体験していただく」というもう一つの目的が!

20170816r8

「実は…パーティー用の写真ケーキをお持ちしています!」

今回は、Cake.jpから株式会社アプト様が運営するサービス『hacocoro』のメインビジュアルでオーダーした写真ケーキでのサプライズを決行いたしました!

20170816r7

皆様からは「おおー!」「やったー!ケーキだ!」と歓声があがり、大盛り上がりでケーキを撮影される一幕も。

20170816r13

実際にご自分たちで「ケーキの切り分け」をご体験いただき、プランナーの皆様が実際に体験する上で浮かんだ疑問や要望について、その場で曽根と佐藤からご返答させていただきました。

ケーキを切り分けたあとは、いよいよプランナーの皆様にパーティーケーキをお召し上りいただく【試食タイム】です!

20170816r10

 広報担当が試食されているところを回りカメラを向けると、「美味しい!」と素敵な笑顔を見せてくださった皆様。そんな様子からもプランナーの皆様の気さくで飾らない人柄が感じられ、「こんなプランナーの皆さんにパーティーを企画してもらえたら、きっと素敵な時間になるだろうな」と実感できたひとときでもありました!

20170816r14

 弊社からの一方的なケーキの説明に留まるのではなく、双方向のコミュニケーションを持つことができた今回の株式会社アプト様での共同勉強会。

実際にプランナーの皆様にもケーキを体感していただくことで、お互いの視点から新たなパーティーケーキ提案の道筋を模索できた大変貴重な時間となりました

『hacocoro』プランナー・佐藤様に突撃インタビュー!

20170816i1

佐藤 仁美-Hitomi Sato-

【profile】

2011年、都立江戸川高校卒業後に目白大学子ども学科卒業。
2014年より株式会社アプトへ入社し、 池袋に在るApt Cafe.83専属プランナーとして従事。
数々の幹事を率先して行ってきた経験があり、人と人が出会う場所、 昔の友人が集う場所が大好き。 そんな自分だからこそ、「幹事様も楽しめ手軽に貸し切ることが出来る!」 そんな場所をより多くの人に提供していきたい。

(出典:https://hacocoro.com/planning/)

-今回は貴重なお時間をいただきありがとうございました!勉強会はいかがでしたでしょうか?感想や参考になった点等あれば教えてください!

写真付きのケーキについて【作る側】、【使用する側】で話ができたのがとてもよかったです!ケーキカットする際に写真をバキバキにしてしまうのが微妙だったのですが、実際に切ってみて体験したことで、お客様に提案する前に気付くことができ、さらにその場で半分だけ印刷して届けてもらえるなど解決策などを直接話すことが出来たので話せて本当によかったと感じました。

お越し頂けてなかったら、そして実際に体験出来ていなかったら見た目の可愛さで注文し、その後の提案までお客様に出来なかったので…本当に感謝しております!

20170816r9▲率先してケーキの切り分けに挑戦する佐藤様

-こちらこそ、実際に皆様からいただいたご意見やご感想から気付かされることがたくさんありました。本当に貴重なお時間をありがとうございました!

佐藤様たちは【人生における晴れの日】という大切なひとときをプロデュースされているわけですが、新郎新婦にプランを提案する際に心がけていることはありますか?
企画する際にはお二人の”想い”をしっかりヒアリングすることを心がけています。この会を通じてゲスト様にどんな気持ちで帰って欲しいか。どんなお二人なのか、どんなゲスト様が来るのか。どんな会にしたいか。どんなお二人になりたいか。

たくさんお二人のことを聞いて、友達感覚でいろいろ任してもらえるように特に心がけています。提案する際には、言葉だけではなく思い出してもらえる企画書を書いて提案するようにしています。

-本当に素敵で大切なお心がけだと思います!佐藤様はウェディングシーンにおける『ケーキの役割』はどんなものだと思いますか?
人それぞれだとは思いますが、私にとっては『プリンセスになる憧れを叶えられるもの』だと思います。あるいは結婚証明といった役割や「感謝を伝える」役割にもなると思います。

ご新郎ご新婦様はみんなから注目されて、ゲストの皆さんも幸せをもらえる瞬間だと思うので、『幸せを表す形』でもあるのではないでしょうか?
 
-たしかに仰るとおりだと思います、ケーキカットの瞬間は【最も幸せが高まる瞬間】というイメージが強いです!

御社が掲げる「暮らしのそばに、心ふるえる体験を。」というミッションは、「感動が集まる場所をもっとハッピーに!」というCake.jpが掲げるコンセプトと【お客様に、そしてその周囲に感動体験を届けたい】という想いの部分で通じるものがあると感じています。Cake.jpとの提携で、今後期待している展望などはございますでしょうか?

見た目だけではなく、提案する際に、(お客様の)いろんなシーンや想いに寄り添ったオリジナルケーキに期待です!完全オーダーメイドのケーキです!

20170816i3

 終始、素敵な笑顔でインタビューに答えてくださった佐藤様。この度はインタビューへのご協力、本当にありがとうございました!

『特別な日に感動体験を届けたい』という共通の願いのために

20170816r15

弊社が運営するCake.jpが掲げる「感動が集まる場所をもっとハッピーに!」というコンセプトと、株式会社アプト様の掲げる「暮らしのそばに、心ふるえる体験を。」というミッションの先には【お客様の特別な日に感動体験を届けたい】という共通の想いがあります。

そんな想いを叶えるために、今回開催した共同勉強会ではパーティーシーンで欠かすことのできない要素である『サプライズケーキ』について、プランナーの皆様に知っていただきたい、体験していただきたいという目的がありました。

お客様にとってウェディングといった【人生に1度しかない特別な日】には、食事や空間、装飾…かけがえのないシーンを彩る全ての要素に一切の妥協はしたくないものではないでしょうか?

 特にウェディングシーンにおけるケーキは、ファーストバイトやケーキ入刀など最も盛り上がる瞬間の中心にあり、とても重要な意味があります。

そういった視点から、 Cake.jpでは『自分たちの理想のパーティーを実現するための100点満点のケーキ』をお客様に提案していただくべく、今後もプランナーの皆様への勉強会の実施・意見交換を積極的に行っていこうと考えております。

お客様の「大切な人を感動させたい」という想いを叶えるため、同じ方向を見据えるパートナーの皆様と共に、 Cake.jpは全力で取り組みを続けてまいります。どうぞ今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願いいたします!

 

 「感動が集まる場所をもっとハッピーに!」

▼Cake.jpはここからチェック

https://cake.jp/

 

弊社のサービス、商品をご紹介いただける場合には
下記までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

 

【広報やPRに関してはこちらまで】
TEL 03-4540-2324
Mail pr@flashpark.jp